フレンテキャリアソリューションはジャパンアダプティブサーフチームを応援しています。

フレンテキャリアソリューションは、より一層のユニバーサル社会の実現に向けて、体にハンディキャップを持つ人達が結成したサーフチーム「ジャパンアダプティブサーフチーム」を応援しております。

ジャパンアダプティブサーフチーム”Adaptivesurf”とは?

Adaptiveは適応性障害レベルに応じたサーフィンを『Adaptivesurf』と言い、サーフボードも選手が乗りやすいボードでライディングします。
アシスト、プッシャー(沖から押してくれるアシスタント)はパドリングが不可能な選手クラスのみのサーフィンです。世界選手権では外傷部分の違い、外傷レベルの違いで5クラス視覚障害が1クラス計6クラスでの競技が行われています(2018年度)
日本選手は現在2016年度は2名2017年度は6名(女性1名)が世界選手権出場金メダル含む4つのメダルを獲得しております。

 

ハンディキャップサーファーとの出会い

古くからの友人に、共通の趣味であったサーフィン仲間がいました。しかしその友人は交通事故による怪我が原因でサーフィンができない状況になってしまいました。ですが、その友人は、きついリハビリと戦いまた海に戻ってきたのです。以前のような状態でのライディングは難しいですが、自分のスタイルでサーフィンを再開しました。その行動力とポジティブさに感銘を受け、自分たちにも何か出来ることはないかという思いで、サポートさせていただくことを決めました。

障がい者スポーツを未来へつなげていくために

サーフィンが東京オリンピックの正式種目になり、海を愛する子供たちの夢が広がったように、
2020年には再び東京パラリンピックも開催され、障がい者スポーツはますます発展していくことと思います。そんな中、アダプティブサーフィンの認知度を高め障がいを持つ子供たちの夢や希望につながれよう 後世につながる活動をサポート続けていきたいと思っております。